イギリス人の道 Camino Inglés

中世のサンティアゴ巡礼路ではヨーロッパ各地からの道が歩かれていましたが、イギリス、スコットランドや北欧のスカンジナビアやフィンランドの巡礼者は船でスペイン北部のリバデオRibadeo、ア・コルーニャA Coruña及びフェロールFerrol等の港へ着き、サンティアゴ・デ・コンポステーラへSantiago de Compostela徒歩で向かいました。 スカンジナビアやイギリスからの巡礼は12世紀頃からで1147年に十字軍がイスラムの攻撃を助ける前にドイツ、イギリスから聖地であるサンティアゴの墓を訪問したことが伝えられています。また1154年から1159年にアイスランドの僧であったNicholas Bergssonがアイスランドからノルウェーのベルゲンからキール運河を航海してサンティアゴとローマ間を旅行したことが記録されてます。
この様にしてア・コルーニャA Coruña及びフェロールFerrolがサンティアゴへの主要なスペイン北部の出発地点となりイギリス人の道Camino Inglésと言われる様になりました。ア・コルーニャA Coruñaからサンティアゴ・デ・コンポステーラへSantiago de Compostelaまでは74Km、フェロールFerrolからは115Kmの為、現在は巡礼証明書を貰えるフェロールFerrolから歩く巡礼者がほとんどでアルベルゲや道標等も整備されています。近年はサンティアゴ巡礼者が増加しサリアSarriaから100kmのアルベルゲ等が非常に混雑すること及びフランス人の道を歩き終わった巡礼者が次の目標としやすいことからイギリス人の道Camino Inglésを歩く人が増えてきました。

巡礼路の概要

(1)フェロールFerrolからサンティアゴ・デ・コンポステーラへSantiago de Compostela
イギリス人の道Camino Inglésのスタート地点の標識がは港のCuruxearasドック前にありますので電車やバスでフェロールFerrolの駅に着いたらまず港まで行き標識から出発しましょう。市街地では巡礼路が分かり難いですが公園(Plaza de Antiguistas)付近から巡礼路の標識があり海岸に沿って歩くとネダNedaのアルベルゲがあります。ネダNedaの街から大型の船が係留されているドックの見える道を登って行くと林間の農道の様な道になりエウメ河Rio Eumeに掛かる長い橋(Ponte de Pedra)を渡ってポンテデウメPontedeumeの街へ入ります。ポンテデウメPontedeumeは人口約8,200人の港町で市内には13世紀の建設されたアンドラ―デ城(Castillo de Andrade)やエウメ河Rio Eumeに面した公園のアンドラ―デ塔(Torre de Andrade)等見所の多い町でもあります。
旧市街の商店街を抜けると約150mの標高差の急な坂道を登ります。巡礼路は再び静かな林間の道になり高速道路(AP-9)の高架橋を渡り林道の様な道を下って行くと石造りのローマ橋ありミーニョMiñoへ着きます。ミーニョMiñoから坂道を登りモンテセロMontecelo村にロマネスク教会(Iglesia de San Pantaleón das Viñas)がありベタンソスBetanzosの街へ下ります。ベタンソスBetanzosもアルベルゲやホテルもある賑やかな街です。約10Km程度歩くとプレセドPresedo村の近くでアルベルゲ(Albergue de Presedo)への案内板があり巡礼路から200m程度の広場に面してアルベルゲがあり食事は暫く歩いた所のレストランで食べる事が出来ます。
ここからは畑の中を通る巡礼路になりプレセドPresedoから約13Kmでオスピタル・デ・ブルマHospital de Burumaのアルベルゲですが、この付近にはバルBarやレストラン等が無く30分程度歩いて国道添いのペンションまで行きました。ア・コルーニャA Coruñaからの巡礼路はオスピタル・デ・ブルマHospital de Burumaの手前で合流します。
オスピタル・デ・ブルマHospital de Burumaからは緩やかなアップダウンのある農道でア・カジェA Calleの村までの間に小さなバルBarがあり朝食などに便利ですがその先のシグエロSigüeiroまでは何もありません。
シグエロSigüeiroまでくればサンティアゴ・デ・コンポステーラへSantiago de Compostelaまで残り約15Kmです。巡礼路は国道(N-550)に並行して道路沿いを歩く箇所もありますが比較的静かな林間の道もあり、途中に工事中の高速鉄道(Ave)もあり、やがて賑やかなサンティアゴ・デ・コンポステラSantiago de Compostelaの市内へ入ります。
(2)ア・コルーニャA Coruñaからオスピタル・デ・ブルマHospital de Buruma
ア・コルーニャA Coruñaからオスピタル・デ・ブルマHospital de Burumaまでは約33Kmです。私はこのルートを歩いた事が無いのでガリシア州の下記サイトを参考にして下さい。
Camino Ingrés desde A Corña

フェロールFerrolの出発点(0Kmポスト) オスピタル・デ・ブルマのアルベルゲ

イギリス人の道Camino Inglésの地図

出展:https://www.caminosantiago.org/cpperegrino/caminos/caminover.asp?CaminoId=6 
標高図

出展:Pligrim https://www.pilgrim.es/en/english-way/

3.宿泊設備、交通事情

(1)宿泊設備
宿泊設備は下記のサイトに記載されています。
Gronze.com  EROSKI CONSMER   Mundicamino

(2)交通事情
出発地となるフェロールFerrolはマドリードMadridから下記があります。
・電車(Renfe)、バス(Alsa)で約7時間30分程度かかります。
・航空便:イベリア航空(Iberia)及びエアーヨーロッパ(Air Europa)でア・コルーニャA Coruña空港(LCG)経由でフェロールFerrolへ行くことが出来ます。

3.歩いた行程表

私が歩いた行程表です。<PDF>

4.巡礼路の全体的な印象

(1)比較的アップダウンがある。
フェロールFerrolの海岸から歩き始めオスピタル・デ・ブルマHospital de Burumaまでは海岸沿いですがスペイン北部の海岸はリアス式である為、ミーニョMiño付近以外は砂浜の海岸は無く巡礼路は200~300m程度の丘陵を歩くので比較的アップダウンが大きいです。
(2)巡礼路の途中にバルBarやレストランが少ない
アルベルゲやホテルのあるポンテデウメPontedeume、ベタンソスBetanzosの街等はバルBarやレストランがありますが、巡礼路の途中はフランス人の道の様にバルBar等がありません。特にベタンソスBtanzosからオスピタル・デ・ブルマHospital de Buruma間は少ないので昼食・飲料などの持参が必要です。
(3)アルベルゲ(Albergue)にホスピタレロが常駐していない
途中のアルベルゲ(Albergue)は主にMunicipal(公営)ですがフランス人の道Camino Farancésの様にホスピタレロが常駐しておらず、夕方に料金を取りに来る程度です。従って早めに到着したら、開いているベットを確保してシャワーなどを済ませておきましょう。カギがかかっていて受付開始の時間まで待つ場合や電話で連絡してカギを取りに行く箇所もあります。

5. ガイドブック

プリミティボの道Camino Primitivoは北の道Camino del Norteからフランス人の道Camino Francésへ至る区間でありこの巡礼路の案内は殆どの北の道Camino del Norteのガイドブックに記載されています。
プリミティボの道Camino Primitivoの道単独では下記があります。
(随時、改定されていますので最新版にご注意下さい。)

   書名:A Pilgrim’s Guide to the Camino Inglés & Camino Finisterre Including Múxia Circuit (Camino Guides)
著者:John Brierley
出版社:Camino Guides (2019/1/15)
ISBN: 978-1912216079
価格 :¥1,868-

書名 :Camino Inglés: Ferrol or A Coruna to Santiago de Compostela 2018/19 (Camino Pilgrim Guides) (English Edition) Kindle版
著者 :Camino Pilgrim CSJ UK
ASIN:B07KCPJN97
価格 :¥744- Kindle価格 (ペーパーバックもあります。¥2,649-)

書名 :The Camino Ingles: 6 days to Santiago 2016/10/20
出版社:CreateSpace Independent Publishing Platform (2016/10/20)
著者 :Susan Jagannath
ISBN:978-1539189442
価格 :¥1,542-